レポート

講習会・研修科

4月7日 東京の会日曜講習会

4月7日 東京の会日曜講習会のご報告

今年は少し涼しい日が続いたせいか、東京では比較的長く満開の桜を愛でることができました。そして、桜の季節を過ぎ、日増しに暖かさを感じられるようになってきた4月7日の日曜日、新年度となって初めての日曜講習会が開催されました。

はじめに、天風先生にお名前をつけていただいた会員の遠藤靖子さんが「天風先生の思い出」と題して体験発表をされました。天風先生を存じ上げない参加者のみなさんは、「主導付き」(天風先生のおそば付き)だったお母さまから遠藤さんがじかに聞かれた天風先生のエピソードの数々を、食い入るように聞き入っていました。とくに天風先生の行った遠隔思念のお話などは、講習会のあとのお茶会でも話題になりました。
続いて、村里泰由講師に「たとえ身に病があっても・・・」と題して、心身統一法概論をお話いただきました。まず、ご自身の体験を交えた迫力あるお話から導入をしてくださり、また本論では、さらに奥深く、けれどもわかりやすく天風教義を説いてくださいました。笑いあり、感動あり、で、あっという間に時間が過ぎたと感じられた方々も、たくさんおられたと思います。

今回、日曜講習会では記録的な94名の参加者があり、このうち20名が会員外、8名が初参加の方々で、とても賑やかで熱気あふれる講習会となりました。今回の講習会に参加され、入会を志される会員外の方々もきっと何人もいらっしゃるのではないかと考えております。
天風会創立百周年を迎える今年、東京の会日曜講習会が次の百年に向けて新たな一歩を踏み出せたことをとても嬉しく思っています。講習会担当一同、これからも実り多い日曜講習会を開催するため、一層の努力を重ねてまいりたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

東京の会(講習会担当) 三登愼一